危険極まりない高齢者ドライバーにどう対処するか

高齢者ドライバーがアクセルとブレーキを踏み間違えて店舗に突っ込んだり、人をはねてしまったりするニュースが後を絶たない。

運動能力の低下した高齢者がハンドルを握るなてこれから人を殺しに行くようなもんだ!と叫ぶ人もいるが、気持ちは分からなくもない。

だが、高齢者だって生活水準を維持して文化的な暮らしをしたいはずだ。自動ブレーキを義務付ける等の策があるのだが、年金暮らしの老人に新車や高年式の自動車に買い換えろ、とはなかなか言えない。モービルアイと呼ばれる後から取り付けできる衝突防止補助システムも存在するが、まだまだこういった商品が安定して出回るまで時間がかかるだろう。

高齢者ドライバー 対策
ワイドショー等のコメンテーターも、
「高齢者は免許を返納するべきだが生活の足が無くては困る」
だの
「具体的な策がなかなか見つからない」
だのと、高齢者に対して甘い解答しか出てこないようだ。

それもそのはず、コメンテーターだってやがて高齢者になり、車を運転できなくなることがどれほど不便なのか知っているからだ。

とは言え困ったなー、困ったなーでは埒が明かないので、策が無ければせめて高齢者ドライバーの犠牲にならぬよう徹底的な自己防衛をするしか無い。

歩行者はヘルメットやプロテクターを着用。店舗は車が突っ込まれて相手が無保険だった時に備えた保険に加入。ドライバーはドライブレコーダーを取り付け、事故の過失割合で「わしゃしらん」と言えぬようにしておくべきではないだろうか。そんな面倒なことやってられるか!と聞こえてきそうだが

殺されてからでは遅い!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。