南馬宿村にあるレンタルビデオ店「紫芋」

南馬宿村限界集落だが、意外なことにレンタルビデオ店がある。娯楽の少ない村なので、農業の忙しさが落ち着く秋になるとかなり繁盛しているようだ。

まあ田舎のレンタルビデオにありがちなことであるが、決して品揃えが豊富ということはない。店内にあるビデオ全部で60本程度の数だし、当然DVDやブルーレイではなくVHSである。

店主が録画しただけの金曜ロードショーなどの映画が混ざっているし、それでも常に貸し出し中で何千回と再生されているのでテープがびろびろに伸びており、二時間の映画を見るのに三時間近くかかることもある。

18禁コーナーはエマニエル夫人や、とんでもないオバサンのセーラー服物など歴史を感じるラインナップ。ちょっとしたホラー映画としてもたのしめそうだが、予約で埋まっていて借りられるまでに半年待たなければならない。

村人は何十年もこの60本の映画を繰り返し見ているので、あのくそ長い「アラビアのロレンス」の台詞を全て暗記しているし、人気作の「少林寺」を見すぎて少林拳法を会得した者もいる。「宇宙戦争」を入荷した時は、庭に防空壕を掘る人がたくさんいたという。

13年ぶりに入荷した新作の「パールハーバー」は話題を呼んだが、それを見た89歳のタケさんが激昂して竹槍でテープを突き刺してしまい、お蔵入りとなった。

村人から愛されるレンタルビデオ店紫芋だが、残念ながら閉店してしまうらしい。テープが伸びすぎて切れてしまったり、ビデオが壊れたらメーカーですら修理不可能な年代物なので経営が難しくなっているのだ。

南馬宿村 紫芋 レンタルビデオ

また一つ、南馬宿村の宝が失われようとしている。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。