人口激減の田見形村に衝撃の事実が発覚

南馬宿村に隣接する田見形村の人口が激減、厚生労働省が専門家を派遣し5年間調査を行った。

5年間のデータによると、田見形村の人口の約30%が肝臓癌に罹患しており、また肝臓癌にはかかっていなくても黄疸を発症し昏睡状態に陥るものや、腹水で呼吸が停止してしまい命を失う村民も少なくはない。

田見形村の年間死者の9割以上が肝臓の機能障害が原因で死亡しており、これについて調査された結果は大変衝撃的な事実が発覚している。

まず、年間死者数の死因の9割が肝臓機能障害であることに着目した専門家は、田見形村特有の遺伝病が疑っていた。

限定された地域で繁殖を繰り返した結果、外からの血が入らず近親交配状態に陥り肝臓に何らかの欠陥を持った遺伝病が蔓延したのでは…と仮説がたてられた。

しかし、過疎化対策として数々の特典を付けて移住者を募っていた田見形村には、定期的に都会から人が流れこんでおり、そのうちの何割かは定住している。

このような移住者らが1~2年で肝臓癌に罹患しているので遺伝病の蔓延は考えにくい。

さらに調査を進めた結果、アフラトキシンが関係していることが確認できた。

アフラトキシンとはカビの一種で、天然に存在する物質としては最も強い発がん性があると言われている。

アフラトキシンはわずかな量でも癌を引き起こす。

田見形村をチェックしたところ、収穫後の農作物にアフラトキシンが大量に付着していることがわかった。

何者かが故意にアフラトキシンをばら撒いたに違いない。

村民に聴き取り調査を実施したら新たな事実が発覚した。

肝臓癌が増加する半年前に、田見形村で村八分になり南馬宿村に移住した男がいる。

当然彼がアフラトキシンをばら撒いたのではないかと疑われるのだが、彼は先月肥溜めに逆立ち状態で落ちて死亡している。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.