日本人プレッパー第1号、村田田郎氏に学ぶ

プレッパーズ、あるいはプレッパーと言う言葉をご存知だろうか。

何時訪れるかわからない非常事態に備え、過剰なまでな自己防衛を行う輩のことだ。非常事態とは、世界滅亡規模の災害、破滅的戦争のことで、フリッパーズはその時のために大量の食料や飲料水、ピストル・刃物等の武器を備蓄しているのだ。中にはキャンピングカーを地下に保管しているフリッパーズもいる。

また、フレッパーは国やマスコミの発表を鵜呑みにせず、独自のルートで情報を入手する。非常事態・破滅的戦争に陥った時、一番の脅威は生き残った人間だろう。

仮に何の備えもしていない人間が生き残った場合どうなろうのだろうか?無法地帯と化した世の中には狂科学者猟奇殺人者がのさばり、普通に生活していたら一週間と生き延びることはできないだろう。そうならないために武器が必要なのだ。

危険なのは狂科学者や猟奇殺人者だけではない。反社会性パーソナリティ障害の人が、ありもしないデマをまき散らし、破滅的状態の人類をさらに混乱に陥れようとしてくるはずだ。

フレッパーズはアメリカに多数いるのだが、日本ではその存在すらほとんど認知されていない。

そこで、日本人プレッパー第1号の村田田郎氏に日本のフレッパーズについて質問してみた。

村田さんはいつからフレッパーズになられたのでしょうか?
「ん?俺?物心ついた時から危機を感じてたからねwww」

日本には何人位のフレッパーズがいるのでしょうか?
「ん?500人位じゃね?適当だけどwww」

今後日本でフレッパーズになるためには何が必要でしょうか?
「は?何があっても生き延びたいって気持ちじゃね?」

日本のフレッパーズが注意しなければならない点は?
「ん?www味噌は絶対備蓄しておけwwwww」

村田さんがプレッパーズになられたきっかけは?
「隣の家が粉塵爆発で木っ端微塵になり、家も相当な被害を受けた。それからだ」

日本の住宅事情だと備蓄するスペースがありませんよね?
「田舎に来いよwww」

いざ危機に陥った時、情報はどこから手に入れますか?
「生き残った生物の動きを見るしか無いな」

日本のフレッパーズに必要なものは?
フレッパー同士が強力なネットワークを持つことだ。蓄えのある物同士が協力できるようにね」

最後に、今後フレッパーズになられる日本人に一言アドバイスを
「はよなれよw」

村田田郎氏が「はよなれよw」とアドバイスをしたことがとても印象に残った。

そう、災害は何時訪れるか分からない。

今すぐフレッパーになることをおすすめする。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。