眼帯を着用して目を紫外線から守ろう!

春になってから紫外線が強くなってきている。

白内障になりたくなければ、7月をピークに、5月~9月までの間は目を紫外線が強いシーズンは目を守らなくてはならない。

かといって、目は毎日使うので、目を閉じたまま生活するわけにはいかない。

UVカットのサングラス帽子である程度防ぐことはできますが、厄介なことに紫外線は乱反射するので完全に防ぐことはできない。

そこで、UVカットのサングラスと帽子に加え、眼帯を着用することをおすすめする。

眼帯は完全に目を塞ぐ形になるのでほぼ100%紫外線を防いでくれる。

ただし、両目に眼帯をすると前が見えなくなり、怪我をしたり最悪の場合死亡する可能性もある。

今日は右目、明日は左目、明後日は右目…のように、眼帯を毎日左右交互に入れ替えれば良い。毎日左右交互に眼帯を着用すれば、10年間生活しても5年間は眼帯に覆われている形になる。

右か左かわからなくなるといけないので、カレンダーに右・左と記載しておくと間違いないだろう。

注意して欲しいのは、眼帯で片目を塞ぐと距離感がつかみにくくなることだ。距離感がつかめるまである程度慣れが必要だ。

また、太陽光の下で眼帯を付けたり外したりを繰り返すのは絶対に避けるべきだ。眼帯着用時瞳孔が開くので、炎天下で眼帯を外すと一気に紫外線が目を攻撃してしまうので眼帯の効果がパーになってしまう。
眼帯にはいろいろ種類があるが、どうせ着用するのであればファッショナブルな物をおすすめする。

eBay等で “Eye Patch“で検索すると海外のお洒落な眼帯がたくさんヒットするので好みにあった商品をすぐに購入しよう。

それではeBayで見つけたオススメを紹介する。

眼帯を着用して目を紫外線から守ろう!

シンプルな眼帯。フィット感が良さそうです

【都会汁オススメ!】海賊映画等にも使われそうなレトロ眼帯。ラフな格好はもちろん、スーツ等のフォーマルウェアにも合います。

【都会汁オススメ!】海賊映画等にも使われそうなレトロ眼帯。ラフな格好はもちろん、スーツ等のフォーマルウェアにも合います。

眼帯 ファッション

冠婚葬祭等厳格な儀式の際には黒色を選びましょう

女性用の眼帯

女性には薄い色がオススメj

ここまでは紐付きの眼帯。

よりファッション性の高い眼帯は紐なしタイプだ。

紐なし眼帯

お洒落を追求した眼帯。

眼帯 女性にもオススメ

女性がすすんで着用したくなる程お洒落な眼帯。

このように、自分の好みにあった眼帯を着用するだけで、ファッショナブルでありながら目を紫外線から守ってくれる。

近年マスクの着用が当たり前のようになってきているが、眼帯もマスクのように着用が当たり前になる時代も遠くはないだろう。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。